滞納者の財産に対して差押えが既にされている時
Q.事業の廃止等の特殊な事情が発生したことによって国税を一度に納めることが不可能であれば、納税の猶予を受けられるとのことですが、滞納者の財産に対して差押えが既に行われている場合において一度に納めるのが不可能である事情が存在するときは、いかにすればいいのかについて、教えてください。

A.そのようなときは、差押財産の換価を猶予する等して1年以内に限って分割納付を行うことが可能である場合も存在します。

なお、国税は納期限までに自ら納めることが必要ですので、納めないのであれば督促がなされます。
 督促がなされた後もなお納めないのであれば、法律に規定のある差押え等の強制的な徴収手続きが行われることになります。
 ただ、事業の廃止等の特殊な事情が発生したことによって国税を一度に納めることが不可能であれば、納税の猶予という制度を活用して分割納付等の方法で納めることができます。
納税の猶予というのは、次のような原因により国税を一度に納めることが難しくなった場合において、申請に基づいて税務署長の許可を受け、1年以内の期間に分割納付することができるものです。
1.事業を廃止したり休止したりしたこと。
2.事業につき、著しい損失を受けたこと。
3.財産につき、災害を受けたり盗難にあったりしたこと。
4.納税者か家族等が病気にかかったり負傷したりしたこと。
5.法定申告期限より1年以上が経過してから、修正申告か更正等によって納めるべき税額が確定したこと。